2012年12月17日

細胞組織の適応と損傷


(A)とは、一度正常の大きさに発育した細胞、組織、臓器あるいは体の部分が(B)する変化のことである。はじめから正常の大きさに達しなかったものを(C)と言う。また、発育しなかったものを(D)と言う。(A)は(E)と(F)に分けられる。細胞の大きさの変化による臓器の大きさが増加することを(G)と言う。(G)には妊娠子宮における(H)と、高血圧の心臓における(I)とに分けられる。(I)はさらに(J)と(K)に分けられる。

(A)萎縮(B)縮小(C)低形成(D)無形成(E)生理的萎縮(F)病的萎縮(圧迫などによる)cf.廃用萎縮、神経性萎縮、内分泌性萎縮(G)肥大(H)生理的肥大(I)病的肥大(J)代償性肥大(K)内分泌性肥大


細胞組織の適応の種類には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)がある。

(A)萎縮(B)肥大(C)増生(D)化生(E)老化


病理性萎縮には(A)性、(B)性、(C)性、(D)性、(E)性、(F)性がある。

(A)栄養不良(B)神経(C)廃用(D)圧迫(E)内分泌(F)虚血


臓器が増大する場合に、細胞の体積の増加によるものを(A)、細胞数の増加によるものを(B)と言う。一つの成熟したタイプの細胞が他の成熟したタイプの細胞に置き換えられることを(C)と言う。(C)には(D)、(E)、(F)がある。

(A)肥大(B)増生(C)化生(D)扁平上皮化生(円柱上皮が扁平上皮になる)(E)腸上皮化生(胃粘膜上皮が小腸型や大腸型の粘膜上皮になる)(F)間質組織化生(繊維芽細胞が骨芽細胞や軟骨芽細胞になり、最終的に骨、軟骨組織を形成 cf.骨化生)


細胞や組織の可逆性損傷には(A)と(B)があり、(A)には(C)、(D)、(E)、(F)、(G)、(H)、(I)がある。(A)とは組織あるいは細胞内で(J)を来たし、(K)が出現して機能障害を起こした状態である。

(A)変性(B)物質沈着(C)水腫様変性(肝細胞など)(D)脂肪変性(E)硝子変性(近位尿細管上皮細胞など)(F)粘液様変性(G)アミロイド変性(H)病理的色素沈着(I)病理的石灰化(J)物質代謝に異常(K)異常物質


細胞質内の水分が増加し、細胞質内に小さく明るい空泡が見られる状態を(A)と言う。この時(B)や(C)が崩壊することにより細胞内に(D)が出現する。(E)などの臓器に発生する。転帰は(F)などである。脂肪組織以外で実質細胞内の脂肪が量的に増加する変化を(G)と言う。(H)などの臓器に発生する。心臓の(I)の部位のものは(J)と呼ばれる。これは(K)が(L)にそって配列したものである。

(A)水腫性変化(hydropic change)(B)小胞体(C)ミトコンドリア(D)細顆粒状物質(E)肝、腎、心臓、骨格筋(F)回復、脂肪変性、壊死(G)脂肪変性(H)肝、腎、心(I) 左室乳頭筋(J) 虎斑心(K)微細な顆粒状の脂肪滴(L)筋原線維


無構造で透明な(A)性の蛋白質の(B)が出現する変性を(C)と言う。アルコール中毒の時に肝細胞に見られる小体を(D)と言う。血管に変性した(E)を主体とする血漿成分によって形成される変性を(F)と言う。

(A)好酸(B)hyaline(硝子質)(C)硝子変性(D)Mallory小体(アルコール小体)(E)フィブリン(F)線維素様変性(フィブリノイド変性)


鉄代謝障害で網内系細胞に多数の(A)が沈着する場合を(B)と言い、実質細胞にも蓄積し機能障害を起こすものを(C)と言う。(D)不全の時に赤血球が肺胞に漏出し、マクロファージが(A)を貪食し(E)となる。

(A)ヘモジデリン(hemosiderin)(B)ヘモジデローシス(hemosiderosis)(C)ヘモクロマトーシス(D)左心(E)心不全細胞


局部の障害により細胞ないし組織が局部死する場合を(A)と言う。(B)が活性化され(C)した状態になる。(A)細胞は(D)するため、(E)を起こす。核は(F)、(G)、(H)という段階を経る。また、プログラム化された細胞死を(I)と言う。(I)では(J)し、(K)し、(L)へとなる。すぐにマクロファージに貪食されるため、(M)は起こらない。

(A)壊死(B)細胞内の水解酵素(C)自己分解(D)破裂(E)周囲に炎症反応(F)核濃縮(G)核崩壊(H)核融解(I)アポトーシス(J)細胞が縮小(K)クロマチンが断片化(L)アポトーシス小体(M)炎症反応

10
壊死には典型的なものに(A)、(B)があり、特殊なものに(C)、(D)、(E)と(F)がある。(F)はさらに、(G)、(H)と(I)に分けられる。
(A)凝固性壊死(腎など)(B)融解壊死(脳軟化症など)(C)乾酪壊死(D)脂肪壊死(E)線維素様壊死(フィブリノイド壊死)(F)壊疽(G)乾性壊死(H)湿性壊死(I)ガス壊疽

11
凝固壊死では、壊死後の組織は水分を失い、硬化し、(A)が凝固する。凝固壊死は(B)などの臓器に多く見られる。融解壊死(液化壊死)では壊死後の組織は(C)により(D)されて液状となる。液化壊死は(E)の時に生じやすい。脳組織に生じたものを(F)と言う。(G)も液化壊死に属する。乾酪壊死は(H)菌の感染により引き起こされる壊死である。脂肪壊死は(I)性と(J)性に分けられる。(I)は(K)に多く、(J)は(L)に多い。フィブリノイド壊死とは(M)や(N)にフィブリノイド(類線維素)が出現する壊死である。(フィブリノイドとは(O)染色で(P)色でフィブリン様に染まり、(O)染色で(R)色に無構造に染まる物質のことである。)フィブリノイド壊死はリウマチなどの自己免疫疾患や糸球体腎炎などのアレルギー疾患において見られる。壊疽は、壊死部が(S)などによる(T)で(U)した場合を言う。乾性壊疽は(V)に生じやすく、湿性壊疽の例には(W)などがある。ガス壊疽は(X)性の(Y)の感染を受け、ガス発生が生じる壊疽である。

(A)蛋白質(B)心、腎、脾(C)酵素(D)分解(E)蛋白質が少ない、脂質が多い(脳)、タンパク分解酵素が多い(膵臓)(F)脳軟化症(G)アメーバ膿瘍(H)結核(I) 酵素分解(J)外傷(K)膵臓(L)乳腺(M)間質(N)血管壁(O)HE(P)暗赤(Q)ワンギーソン(R)黄(S)腐敗菌(T)二次感染(U)腐敗分解(V)四肢の末端(W)壊疽性虫垂炎、肺壊疽(X)嫌気(Y)ガス生成菌

12
壊死の転帰には(A)、(B)、(C)、(D)がある。(C)とは(E)が増殖し、(F)を置き換えるもので、(G)となる。

(A)融解と吸収(B)分離と排除(その後、びらん(表皮と粘膜層)や潰瘍(粘膜筋板を超え粘膜下層へ)などの欠損になる)(C)器質化(D)被覆化や石灰化(E)線維組織(F)元の組織(G)瘢痕

13
再生能力により人体の細胞は絶えず細胞分裂する(A)。正常状態においては細胞分裂が少ない、刺激に反応して分裂する(B)。出生以後は細胞分裂しない(C)に分けられる。(A)の例としては、(D)。(B)の例としては(E)などがある。(C)の例としては(F)がある。再生には子宮粘膜や腸粘膜で見られる(G)と損傷時に見られる(H)がある。創傷の治癒は、手術切創に見られる細胞性障害が少ない(I)と創面が大きく肉芽組織が形成される(J)に分けられる。

(A)labile cell(再生し続ける細胞)(B)stable cell(静止した細胞)(C)permanent cell(非分裂細胞)(D)皮膚、口腔や間質の細胞(E)肝、胃、膵臓、線維芽細胞、平滑筋、血管内皮細胞(F)神経細胞、心筋、横紋筋(G)生理的再生(H)病理的再生(I)一次癒合(J)二次癒合

14
肉芽組織の概念は(A)と(B)を主体とする(C)のことである。構成する成分には(A)と(B)の他に(D)がある。作用の意義は(E)を保護し、(F)に抵抗し、傷口を覆う作用である。また、肉芽組織の(A)は(G)に走行する。病変部で肉芽組織が増殖し、最終的に(H)で置き換わることを(I)と言う。肉芽組織から(A)と(C)が減少し、(J)に置き換わった組織を(K)と言う。限局性に(L)性の肉芽組織が(M)性の病変となったものと(N)と言う。(N)内の特徴的な細胞に(O)と(P)がある。

(A)新生毛細血管(B)線維芽細胞(C)結合組織(D)炎症細胞(白血球、主にリンパ球、感染の場合は好中球も)(E)創面(F)感染(G)創面に垂直(H)結合組織(I)器質化(J)膠原線維(K)瘢痕組織(L)増殖(M)結節(N)肉芽腫(O)類上皮細胞(P)多核巨細胞

15
アポトーシスはプログラム化された細胞死であるが、特徴には(A)、(B)、(C)などがある。最後は(D)となり(E)に貪食される。(F)は生じない。壊死では細胞は(G)するが、アポトーシスでは細胞は(H)する。

(A)クロマチン凝集と膜のブレブの形成(B)DNAの断片化(C)RNAと蛋白質の合成(が必要)(D)アポトーシス小体(E)マクロファージ(F)炎症反応(G)膨張(H)縮小

posted by 学習君 at 20:31| Comment(0) | 細胞組織の適応と損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

腫瘍のポイント(良性腫瘍、悪性腫瘍、肉腫など)


腫瘍性増殖と非腫瘍性増殖の違いについては、増殖形式は腫瘍性増殖は(A)性なのに対して、非腫瘍性増殖は(B)性である。分化程度に関しては腫瘍性増殖の場合は(C)の能力が失われている。腫瘍性増殖は(D)レベルでの異常があるため、原因が取り除かれても、成長は続く(元には戻らない)。腫瘍性増殖は形態構造や機能に異常をきたし、身体に害をもたらす。

(A)単クローン(B)多クローン性(C)分化成熟(D)遺伝子


腫瘍細胞の細胞形態や組織構造が、正常細胞や正常組織と異なることを、(A)と言う。これには(B)と(C)がある。

(A)異型(B)組織構造異型(cf.細胞間の結合や配列がみだされていること)(C)細胞異型


細胞異型とは、(A)や(B)の大きさや形状が変わることや、(C)が増大したり、(D)が多くなる。(E)が増えるために、(F)性に染色される。(G)によって、腫瘍の由来が鑑別できる。

(A)細胞質(B)核(C)核/細胞質比(D)核分裂像(E)核タンパク(F)塩基(G)微細構造


腫瘍細胞と本来の細胞、組織との間の形態や機能の似っている程度を(A)という。悪性腫瘍細胞は(A)を欠き、(B)が著しいことを(C)と言う。腫瘍細胞が時間が経つと、悪性の性質を持つことを(D)と言う。腫瘍細胞の(E)により、異なった表現型の細胞が出現してくることを(F)と言う。

(A)分化(B)異型性(C)退形成anaplasia(汉,间变)(D)プログレッション(E)遺伝子突然変異(F)多様性


腫瘍の成長方式には(A)、(B)、(C)がある。

(A)膨張性発育(B)表面性発育(C)浸潤性発育


腫瘍の広がり方には、原発巣から(A)的に広がる場合と、(B)とに分けられる。(B)とは、腫瘍細胞が主塊から離れ、(C)、(D)、(E)を通って、他の部位に達し、そこで元と同じ種類の腫瘍を形成することである。

(A)連続(B)転移(C)リンパ管(D)血管(E)体腔


転移は(A)行性転移、(B)行性転移、(C)とに分けられる。(B) 行性転移に多い転移先は(D)で、転移腫の特徴は(E)していて、器官の(F)にあることである。(C)において、胃の腫瘍が卵巣に転移したものを(G)と言う。一般に癌は(H)行性転移が多く、肉腫は(I)行性転移が多い。

(A)リンパ(B)血(C)播種(D)肺、肝、骨(E)境界がはっきり(F)表面(G)Krukenberg腫瘍(H)リンパ(I)血行


癌の進行度は(A)、(B)、(C)による(D)によって分類される。

(A)原発巣の大きさ(T1からT4)(B)リンパ節転移(N0,N1からN3)(C)遠隔転移(M0,M1)(D)TNM分類


(A)に発生した悪性腫瘍が分泌する(B)によって引き起こされる症状を(C)と言う。代表例としては(D)の細胞が分泌する(E)により(F)血症が引き起こされるものがある。また、癌により体力が衰弱し、体重減少、栄養障害、貧血、浮腫が引き起こされる状態を(G)と言う。

(A)非内分泌腺(B)ホルモン(C)腫瘍随伴症候群 cf.異所性ホルモン産生腫瘍(D)肺癌(E)副甲状腺ホルモン関連ペプチド(F)高カルシウム(G)悪液質

10
良性腫瘍と悪性腫瘍の違いに関しては、良性腫瘍の分化度は(A)。異型は(B)。核分裂は(C)。また、(D)はない。局所の進展に関しては良性腫瘍は(E)性発育、(F)性発育で、悪性腫瘍は(G)性発育、(H)性発育である。二次変化は良性腫瘍は(I)。悪性腫瘍は(J)や(K)がある。転帰としては、良性腫瘍は組織の(L)や(M)を起こすことがあり、悪性腫瘍は(N)、(O)、(P)を起こすことがある。

(A)高い(B)少ない(C)少ない(D)病理核分裂(対称でない核分裂)(E)膨張(F)表面(G)浸潤(H)表面(I)少ない(J)壊死(K)出血(L)圧迫(M)閉塞(N)出血(O)感染(P)悪液質

11
腫瘍の性質には(A)性、(B)性、(C)性がある。(A)性の代表的なものに(D)がある。良性腫瘍と悪性腫瘍の中間型を(E)と呼ぶ。また、腫瘍には(C)性があるため、悪性化を起こす。

(A)交界(B)相対(C)可変(D)漿液性乳頭状嚢(胞)腺腫(E) 境界悪性腫瘍

12
癌細胞の転移は細胞間の接着分子の(A)が減少することによる(B)が起こる。その後血管内を(C)する。その後(D)から脈管外に出て、(E)が起こり、各臓器で(F)する。

(A)カドヘリン(B)脈管侵襲(C)遠隔移動(D)基底膜(E)脈管外遊走(F)増殖

13
(A)組織からの悪性腫瘍を(B)と言い、(C)組織からの悪性腫瘍を(D)と言う。(B)と(D)が混在するものを(E)と言う。

(A)上皮(B)癌(C)間葉(D)肉腫(E)癌肉腫

14
年齢に関しては、癌は(A)の人に多く、肉腫は(B)に多い。硬さは、癌は比較的(C)。肉腫は(D)。色は癌は(E)。肉腫は(F)。乾燥状態に関しては癌は(G)、肉腫は(H)である。癌は実質と間質の境界が比較的(I)である。肉腫は(J)している。腫瘍細胞間の網状繊維は癌は(K)。肉腫は(L)。免疫組織化学的診断のマーカーとしては、癌には(M),(N)があり、肉腫には(O)がある。転移に関しては癌は(P)性転移が多く、肉腫は(Q)性転移が多い。

(A)40歳以上の成人(B)青少年(C)硬い(D)柔らかい(E)灰白色(F)赤色(G)乾燥(H)湿潤(I)明瞭(J)弥漫的に分布(K)ない(L)多い(M) サイトケラチン(cytokeratin、CK)(N) 上皮細胞膜抗原(epithelial membrane antigen、EMA)(O) ビメンチン(vimentin)(P)リンパ行(Q)血行

15
脂肪腫は良性腫瘍であるが、対応する悪性腫瘍は(A)である。リンパ組織に発生する(B)は悪性腫瘍である。原始神経細胞に発生する(C)は悪性腫瘍である。黒色素形成細胞に発生する良性腫瘍は(D)で、悪性腫瘍は(E)である。生殖細胞に発生する悪性腫瘍には(F)、(G)、(H)がある。

(A)脂肪肉腫(B)リンパ腫(C)髄母細胞腫(D)色素性母斑(E)悪性黒色腫(F)精原細胞腫(G)無性細胞腫(H)胚性癌

16
良性上皮性腫瘍には(A)上皮に由来する(B)と、(C)上皮に由来する(D)がある。(D)には(E)、(F)、(G)、(H)が存在する。

(A)被覆(扁平上皮や移行上皮など)(B)乳頭腫(C)腺(D)腺腫(E)多形成腺腫(F)ポリープ腺腫(G)嚢腺腫(H)繊維腺腫

17
多形成腺腫の細胞は(A)と(B)に由来する。部位に関しては(C)に多い。病変は(D)と(E)組織と(F)組織からなり、(G)を破壊するため、(H)しやすい。ポリープ腺腫の部位は(I)や(J)に多い。嚢腺腫には悪性化しやすい(K)嚢腺腫と、そうではない(L)嚢腺腫が存在する。また、線維腺腫は(M)に多く、(N)と(O)の二種類の成分から構成される。

(A)円柱上皮細胞(B)筋上皮細胞(C)唾液腺(D)腺上皮(E)粘液様(F)軟骨様(G)被膜(H)再発(I)直腸(J)結腸(K)漿液性乳頭状(L)粘液性乳頭状(卵巣粘液性乳頭状嚢胞腫など)(M)乳腺(N)腺(O)線維

18
悪性上皮組織腫瘍には(A)、(B)、(C)、(D)がある。

(A)扁平上皮癌(B)基底細胞上皮癌(C)移行細胞癌(D)腺癌

19
扁平上皮癌の顕微鏡的な特徴に(A)がある。基底細胞上皮癌の悪性の程度は(B)。移行細胞癌は(C)、(D)、(E)に発生しやすい。腺癌は(F)、(G)、(H)、(I)に多い。顕微鏡下では(J)、(K)などの腺管構造を示すものと、(L)と言った、腺管構造のない(M)に分けられる。(K)の中には、癌細胞の核が偏在した(N)がある。

(A)癌真珠(B)低い(C)膀胱(D)腎盂(E)尿管(F)胃腸(G)甲状腺(H)胆嚢(I)子宮体部(J)乳頭状腺癌(K)粘液癌(L)髄様癌と硬癌(M)実態癌(cf.腺がない)(N)印環細胞癌

20
前癌性変化とは(A)だが、(B)になる可能性のある病変のことである。主な前癌性変化には(C)、(D)、(E)、(F)、(G)、(H)、(I)、(J)などがある。

(A)良性(B)悪性(C)粘膜白班(D)子宮頚部の糜爛と慢性子宮頚部炎症(E)(繊維嚢性)乳腺病(F)大腸、直腸のポリープ状の腺腫(G)慢性萎縮性胃炎、胃潰瘍(H)慢性潰瘍性結膜炎(I)皮膚の慢性潰瘍(J)肝硬変

21
非典型増殖(dysplasia)とは前癌性変化の(A)で、(B)の(C)があるが、癌には至らないものを言う。(D)や(E)に多く見られる。(C)に関しては(F)以下が(G)、(H)以下が(I)、(H)以上が(J)である。

(A)形態学変化(B)組織構造(細胞ではない)(C)異型性(D)扁平上皮(E)腺上皮(F)1/3(G)軽度(H)2/3(I)中度(J)重度

22
上皮内癌とは、癌化した病変が(A)や(B)に限局し、(C)や(D)には及んでいないものを指す。癌細胞は(E)を示す。

(A)粘膜上皮内層(B)表皮層(C)粘膜下層(D)真皮(E)異形成

23
平滑筋腫が多い部位は(A)で、被膜は(B)。光学顕微鏡で見ると、(C)細胞で縦横に交錯し、核が杆状である。平滑筋腫で異型性がはっきりしたものは(D)である。血管腫の由来は(E)で、特徴として(F)がある。また(G)発育をする。

(A)子宮(B)ある(C)紡錘形(D)平滑筋肉腫(E)内皮細胞(F)被膜(G)浸潤性

24
軟骨肉腫は(A)、(B)、(C)の3層構造からなる。光学顕微鏡では軟骨基質の中に(D)が存在する。骨巨細胞腫は光学顕微鏡では(E)と(F)が見られ、二次変性では(F)が見られ、肉眼では(G)、(H)、(I)が見られる。X線では(J)が見られる。骨肉腫のX線所見では腫瘍に押し上げられた(K)が(L)を起こした(M)が見られる。腎内に残った胚基組織に由来する子供に多い腫瘍に(N)がある。

(A)繊維組織の膜(B)骨(C)軟骨様組織(D)異型性の軟骨細胞(E)破骨細胞型多核巨細胞(F)単核細胞(G)出血(H)壊死(I)嚢胞化(嚢性変性)(J)多房性(K)骨膜(L)骨新生(M)Codman三角(N)腎胚性腫(Wilms腫)

25
複数の胚葉からなる腫瘍で、多様な組織像を含むものに(A)がある。(A)は(B)や(C)に良く見られる。(D)細胞由来である。概観からは(E)と(F)に分けられる。分化程度からは(G)、(H)、(I)に分けられる。

(A)奇形腫(teratoma)(B)睾丸(C)卵巣(D)全能(E)嚢胞性(F)実質性(G)皮様嚢胞腫(dermoid cyst)(H)良性奇形腫(成熟奇形腫)(I)悪性奇形腫(未成熟奇形腫)

26
癌と肉腫の違いは癌は境界が比較的(A)しているのに対し、肉腫は(B)ことである。組織学的には肉腫には(C)が多く、(D)が少ない。転移では癌は(E)行性が多く、肉腫は(F)行性が多い。

(A)はっきり(B)はっきりしない(C)血管(D)結合組織(E)リンパ(F)血

27
癌の発生には多くの遺伝子が多段階的に変異をし、発癌に至るという(A)が主流となっている。最初に癌抑制遺伝子の(B)が突然変異を起こる。その後(C)の突然変異と(D)の欠失が起こり、腺腫となる。その後(E)の欠失が起こり、浸潤癌となる。

(A)多段階発癌説(B)apc(C)K-ras(癌遺伝子)(D)dcc(癌抑制遺伝子)(E)p53(癌抑制遺伝子)
posted by 学習君 at 15:25| Comment(0) | 腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。