2012年12月22日

リンパ造血器

ホジキン病とは(A)に発生する悪性腫瘍で、2つ以上の核を持つ(B)と、巨大な核を持つ大型の単核細胞である(C)の腫瘍細胞が増殖する。ホジキン病は(D)と(E)に分類され、(E)はさらに(F)、(G)、(H)、(I)に分類される。(D)に出現する分葉状の核を持つ巨細胞を(J)と言う。濾胞性リンパ腫に特有の腫瘍マーカーは(K)である。非ホジキン病とは(L)の腫瘍性増殖である。B細胞性(EBウィルスによるバーキットリンパ腫など)、T細胞性、NK細胞性に分けられる。

(A)リンパ節(B)Reed-Sternberg細胞(C)ホジキン細胞(D)結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫(E)古典的ホジキンリンパ腫(F)リンパ球豊富型(リンパ球優位型)(G)結節硬化型(一番多い。窩内細胞(lacunar cell)という巨細胞が出現する。RS細胞は少ない。)(H)混合細胞型(I)リンパ球減少型(リンパ球脱落型)(J)popcorn cell(K) bcl-2(L)リンパ球


posted by 学習君 at 11:24| Comment(0) | リンパ造血器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。